【いつラバ】いつかいちLover's(ラバーズ)五日市の今を徹

【いつラバ】広島県佐伯区のグルメ、遊び場、イベント、習い事など気になる情報が満載!ヒトとマチを繋ぐ情報発信ブログ。五日市の魅力を再発見!

遊ぶ!(プレイ) 子供と一緒に

【魚切ダム】いざ、山奥に佇む曰く付き(?)の場所で目にした光景は!?

2016/08/16

P5051889
朝から降り続いた雨は昼過ぎにはやみ、空はからりと晴れ上がった。
うん。。。絶好の取材日和である。
五日市八幡地区より県道41号線を、湯来町方面へ向かって車を走らせる。
天気の良い日に初夏の日差しを浴びながら川沿いを走るのはなかなか気持ちがいい。
まわりの景色は街並みから徐々に山中へと移り変わっていく。
トンネルを3つ通り抜けしばらく進むとその場所の看板があった。
左折し、さらに車を走らせると到着した。
そこは佐伯区の中心部から離れた場所に位置する。
付いた先は魚切ダムである。

P5051885

●自然と人工物のコントラストが美しいダム

駐車場に車を停め、外に出ると涼しい風が歓迎してくれた。
暑い陽射しが照りつけるこの時期にオススメのスポットといえるだろう。
市内と比べると明らかに体感温度が違って感じた。
自分以外には、車の中で眠っているスーツ姿の男性が一人だけ。

近くにはダムの案内板や概要碑、記念碑が設置してある。
天気が良かったのでカメラ片手にゆっくりと説明を読んだり撮影したりと自然を楽しむことができた。

P5051899

まさに絶景!窓竜湖(そうりゅうこ)。窓ヶ山ふもとに位置し雨の神「八大龍王」をあがめる意味から命名されたらいい。

P5051883

ベンチは意外と数が多く、ダムを見ながらのんびりする事ができる。

管理事務所の横を通り、天端を渡る。
堤頂長は255mで、車両の通行も可能。
左側からは堤体下部、右側からはダム・貯水池の諸元となっている窓竜湖(そうりゅうこ)を望むことができる。
自然の中に映えるその湖はとても美しかった。
渡りきると、右手に魚切緑地がある。
広いというわけではないちょっとした緑地帯だが、たくさんのベンチや屋根付きの休憩所があったりと、こちらも休憩に適した場所があるのは嬉しい配慮だ。
また、もみじの木も見受けられたので、秋は紅葉を楽しむこともできそうだ。

P5051881

ベンチから見下ろして撮った天端。高さ225mは迫力満点。落ちたらひとたまりもないな・・・。

P5051900

P5051896

天端(上の写真)に貼られていた注意看板。当然危険だと思うがあの高さ(225m)からどうやって魚釣りをするんだ?

 

ダムマニア急増のワケ

近年、巷でダムの魅力に取り付かれたダムマニアが急増しているらしい。
工場や廃墟など巨大建造物がプチブームになっているが、次なる注目を受けているのが、そう、ダムなのである。
その密かなブームの立役者としてマニア心をくすぐるアイテム「ダムカード」の存在がある。
通常のトレーディングカードと同じ大きさで、全国各地のダムで無料配布されている。
2014年5月現在約300種類ものダムカードが存在し、なかには高額で取引されているレアカードなるものもあるとか…。
収集が好きな方ならたまらない話なのではないだろうか。
手に入れるためにはそのダムに直接行って管理事務所でその旨を伝える必要がある。

P5051895

魚切ダム管理事務所。ダムカードはここに行けば手に入るらしいのだがなかなか入りくい・・・。

 

魚切ダムカード

これが例の魚切ダムカード。う~んマニアックすぎる・・・。

 

広島で有名な曰く付き(?)の場所

人里離れた山奥にあることもあって魚切ダムは昔から「出る」と噂されている有名な場所でもある。
「写真に火の玉が写った」や「夜中に女性の姿を見た」といったミステリーな話は尽きないが、そのほとんどは真実かどうかが定かではない。
しかし、過去に事件や事故があったというのは本当のようで、実際に7年前には車がダムに転落するという事故が起こっている。(運転手の男性は奇跡的に軽傷。車が頑丈な高級車だったため助かったとか…?)
そういった経緯からどこからともなく幾多もの奇妙な話が生まれたのかもしれない。

真実を調査したい所ではあるがわたくし、大の恐がりなので代わりにレポートしてきてくれる人大募集です(笑)

施設情報&お問い合わせ

施設名:魚切ダム管理事務所

住所:広島市佐伯区五日市町上河内998-7

電話:082-928-0075

http://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/99/1171421760967.html

 

いいね!リクエスト

いつラバの最新情報はFacebookにてお知らせ! 「いいね!」をクリック♪

-遊ぶ!(プレイ), 子供と一緒に
-